よもやの惨敗

満を持しての出走だと思っていたムーンクレストでしたが、まるで見せ場もなく11着に大敗しました。

パドックでの気配は良く見えて、スタートも悪くなかった。
中団前の外目を巧く追走できていたと思ったのですけれど・・・直線で外に出してさぁこれから!と言うタイミングでなぜか内々に入っていき、全く伸び脚も見られないまま、ズルズルと後退しての惨敗でした。真剣に故障を心配したほどでした。

勝ち負けを期待していただけに、この負け方はショックです。
確かに時計は早かったですけれど、短距離馬で時計勝負に分が悪いようでは困ります。
そもそも阪神では1分20秒5で走っていて、京都の今回は持ち時計より0.6秒も遅いです。

レース後の騎手コメントでは、時計が早すぎた事、両サイドを馬に挟まれてストレスを感じていたらしい事が原因だった様子。
本田さんもショックだったようで、次走は中2週で阪神1600mの米子特別で巻き返しを図る事になりました。
時計比べが苦手というのなら、阪神はむしろ良いはず。
久々のマイル戦は、こんな形になったのが若干不本意ではありますけれど、元々マイルの方が良いと思っていた位なので・・・巻き返してくれると信じています。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

タグクラウド

QRコード